短期的な売買はめんどくさい。中長期的に持って利食いを狙う。騙されたと思って動向を追え!


by riverslip
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2007年 02月 26日 ( 1 )

任天堂(7974)

言わずと知れたファミコンの会社です。

今期はDSやWiiが大ヒット。

今週の週刊ダイヤモンドで「なぜ任天堂はソニーの10倍儲かるのか?」という特集まで用意されている、直近でかなり激熱な企業です。

銘柄コードが7974(泣くなよ)と、覚えやすい!

直近、36000円を天井に良い感じに調整入ってます。

今日はついに底値ラインの33000円を割り込んで引けてますね(大証。東証では33050円)

売り出しの需給悪化を懸念してとのことですが、公募増資ではないので一時的なものでしょう。

この会社、なんと言っても「無借金経営」が売りです。

先日、日銀が金利を引き上げましたが、無借金の会社には全く影響ありません。

これから借金する企業は大変だろうな…

さらに、外貨建(米ドル・ユーロ)での資産を多く抱えていることから、最近の円安環境ではかなりの為替差益が期待できます。

07/3決算では、1ドル=115円、1ユーロ=145円を基準為替としているので、間違いなく大幅に為替差益が出ます。

すでにPS3を上回る人気とのWii、携帯ゲーム機ではPSPを引き離して独走状態のDSと、今や家庭用ゲーム機はソニーから任天堂に再び王座が奪回されようとしています。

36000円から約10%押しのここは絶好の買い場でしょう!

36000円は通過点だ!
[PR]
by riverslip | 2007-02-26 22:26 | 激熱銘柄