短期的な売買はめんどくさい。中長期的に持って利食いを狙う。騙されたと思って動向を追え!


by riverslip
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:激熱銘柄( 4 )

任天堂(7974)

言わずと知れたファミコンの会社です。

今期はDSやWiiが大ヒット。

今週の週刊ダイヤモンドで「なぜ任天堂はソニーの10倍儲かるのか?」という特集まで用意されている、直近でかなり激熱な企業です。

銘柄コードが7974(泣くなよ)と、覚えやすい!

直近、36000円を天井に良い感じに調整入ってます。

今日はついに底値ラインの33000円を割り込んで引けてますね(大証。東証では33050円)

売り出しの需給悪化を懸念してとのことですが、公募増資ではないので一時的なものでしょう。

この会社、なんと言っても「無借金経営」が売りです。

先日、日銀が金利を引き上げましたが、無借金の会社には全く影響ありません。

これから借金する企業は大変だろうな…

さらに、外貨建(米ドル・ユーロ)での資産を多く抱えていることから、最近の円安環境ではかなりの為替差益が期待できます。

07/3決算では、1ドル=115円、1ユーロ=145円を基準為替としているので、間違いなく大幅に為替差益が出ます。

すでにPS3を上回る人気とのWii、携帯ゲーム機ではPSPを引き離して独走状態のDSと、今や家庭用ゲーム機はソニーから任天堂に再び王座が奪回されようとしています。

36000円から約10%押しのここは絶好の買い場でしょう!

36000円は通過点だ!
[PR]
by riverslip | 2007-02-26 22:26 | 激熱銘柄
相場が何だかんだで下落基調の今日この頃。

大型株を仕込んでおけば何とかなるという流れだったが、気づいたら今月の頭あたりに続々と新高値を取ってしまって、今や小康状態。

自動車なんかはけっこうやられてますね。

こんな相場でも面白い値動きするのがハイテク株。

トヨタやホンダが10円単位でしか動かないのに、ハイテク株は平気で100円200円の動きをする。

もちろん下に振るときはヤケドします。

エルピーダは今や国内唯一のDRAM専業メーカーとして君臨しています。

昔は、東芝だの日立だのNECだのと、国産メーカーが世界シェアを牛耳っていたのですが、いまではお隣韓国のサムスンに首位を奪われて…。

そんなこんなで、日立とNECがDRAM部門を統合して作ったのがこのエルピーダです。

上場は2004年。

まだまだ若くて潜在力のある銘柄です。

相場がレンジ内でダラダラ行ったり来たりだから、思い切って信用でサクッと乗っかった方がいいかも。

ハイテク銘柄の信用買い・空売りはかなり熱いです。


あわせて、SUMCO(3436)も推奨。

こちらは半導体の素材となる300mmシリコンウェーハの生産で絶好調。

世界シェア第2位(シェア30%)。

ちなみに1位は日本の信越化学(シェア31%)。

信越は専業ではないけど、SUMCOはガチンコのシリコンメーカー。

上場も2005年とまだまだフレッシュ。

住友金属工業と三菱マテリアルの共同出資会社です。

この2銘柄は要注目?
[PR]
by riverslip | 2006-11-28 23:31 | 激熱銘柄

mixi上場②

以前お伝えした、mixi(2121)が東証マザーズに今日、上場しました。

日経関係のニュースだけではなく、どの局のニュースでも1度は取り上げられるほどに注目が集まりましたが、155万円の公募価格は果たしてどこまで上がったのか。

結論から言うと、今日の大引けでは値段がつきませんでした。

株式は売りと買いによる需給関係が成立して初めて価格が形成されるので、今回のmixiのように買い注文が殺到して売り注文が極端に少ないと、値段がつきません。

しかし、板では315万円という価格で買い気配がついており、明日の売買次第では400万円突破もあり得るかも知れません。

まだ未確定ですが、315万円の時点で公募価格の2.3倍。

今年最大のIPO銘柄になる可能性大ですね。

当たった人、ホントにラッキーだよなぁ。

300万円突破してもなお買い注文出す投資家もすごいけど…。
[PR]
by riverslip | 2006-09-14 23:12 | 激熱銘柄

mixi上場

言わずと知れた巨大SNSサイト、mixi(証券コード:2121)が、14日に東証マザーズから上場します。

昨年のようなIPOブームは一段落したとはいえ、やはりIPOはIPO。銘柄によっては予想以上の爆騰を見せます。

最近では、ゴメス・コンサルティング(3813)が、8月16日に公開価格51万円で上場しましたが、初日の初値で3.5倍の180万円をつけて、最高230万円まで買われました。

その他の銘柄はハッキリ言って、IPOの醍醐味を全く見せない状況でした。ほとんどは、公開価格から1~2万円上回って初値がつくという状況です。

どうもIPOが勢いを失った株式相場ですが、それだけに今回のmixiにかかる期待は大きいです。

mixiの仮条件は130万~155万円でしたが、需要調査の結果、上限の155万で決まったそうです。IPOでは上限で条件決定するのが当たり前のようなものですが…。

さて、155万円の公開価格が果たしていくらになるのか?

今回のIPOで売り出されるのは2100株。どれほどの申し込みがあるのかは不明ですが、おそらく数百倍の倍率で抽選になるでしょう。当たった人は、今年最大の幸運をつかむのか、それとも肩すかしを食らって終わるのか。

みなさんにもなじみ深いmixi、株価の動向も追ってみると面白いでしょう。
[PR]
by riverslip | 2006-09-05 23:14 | 激熱銘柄